ノマゴンクエスト

自由に生きることを主題にしつつ気分により色々と落書きします。トライオートFXやトライオートETF等の資産運用。少々のライフハック等を書いてます。雑記ブログです

ブログライフがいきなり頓挫しそう。初心者ブロガーがぶち当たった3つの壁

壁ドン!初心者ブロガーの前に立ちはだかった3つの壁を乗り越えたい!

まさかブログライフが更新2日目にして頓挫しそうになるなんて・・・。前回のご挨拶に続いて、ブログ2日目の更新です。しかしながら、開始早々暗礁に乗り上げてしまった感のある私のブログライフです。初心者ブロガーがぶち当たっている3つの壁を聞いてやってください。

高速回線がないのでブログ執筆に時間がかかる

いくつか理由はあるのですが、まず一つ目は通信回線のスピードの遅さです。

 

私、現在は勤め先の寮にてブログを執筆中ですが、なんと高速ネット回線を引いておりません。では、どうやってネットに接続しているかというと、サブの格安スマホ『ASUS ZenFone 2 Laser』にデータ通信専用のSIM『OCNモバイルONE』を差しております。そのスマホのテザリング機能経由でノートPCをネットに接続しているのです。

 

※今から書くのは通信制限がかかってしまった場合のお話ですが、いやー、遅いです。ログインするのに5分くらいはかかる感じで、執筆するの10分以上かかります。まあ、あくまでも体感ですが。

 

一応、ブログ編集画面にまで到達すれば、あとは文字を書いているだけなので何とかなるのですが、問題は写真等をアップロードしたい時なんかに支障がないかと不安があります。

 

このまま我慢して現在の環境で耐えていくか、思い切ってADSL回線か光回線を敷くか悩んでおります。うーん、でも会社の寮にわざわざネット回線敷くのは躊躇われる。まさかこんな初歩的な障害でブログライフが躓くとは思わなんだ。

 

※補足として↓

通信制限がかかっていない状態のOCNモバイルONEは割とサクサク通信できますよ!外部で執筆するならこのスタイルはむしろメリットです。上手く使えば決して悪い選択肢ではないとは思います。調べてみたら、そこそこのボリュームの記事を書くと50MBかかるみたいです。通信制限がかかるのは110MBに到達してからなので、1日に2記事が限界でしょうね。

 

※201809追記:現在は会社の寮と自宅の2つの環境およびメインとサブの2つのスマホを駆使してなんとか執筆活動を続けております。かなりシビアにパケットを使用しながらですが、何とか乗り切ってます!

ブログを執筆する時間が中々確保できない

2つ目はブログを執筆する時間の確保です。正直、他のブロガーさんを見ていると感心します。皆さん本当にすごいですね。仕事やその他の活動をしながらブログを執筆されている方が大多数でしょうが、いったいどうやって執筆時間を確保しているんでしょうか?不思議です。

 

私の場合、特に残業がある日などは仕事が終わって寮に帰りつくのが21時から22時の間なんですが、そこからご飯食べてやることやっていたらあっという間に23時に近づいています。そこからいざブログを執筆しようとしても、あまり時間が取れません。夜勤もあるしね~^^;

 

しかし、これについては、私なりに対策を考えました。使える時間が決まっている以上、有効的にその時間内に執筆できるように下準備をしておこうと思います。具体的には会社の休み時間中に情報収集して記事の下書きを用意しておくとか・・・大好きなお昼寝の時間を削る価値はきっとあるはず。

 

あとはブログ執筆に慣れるように書きまくることでしょうね。ぶっちゃけこの短い記事を書くのにもめちゃくちゃ時間を取られています。要するにまだまだ執筆作業が下手なんですね。これも練習あるのみ。いつかは息をするように自然とそれなりのボリュームの記事を短時間で書けるようになりたいものです。

ブログのルール不明・執筆ノウハウが皆無

3つ目は、そもそもブログ自体のルールやノウハウが分かっていないということです。ブログを見るのと、実際に自分でブログを執筆するのはやはり違います。このはてなブログの編集機能なんかもまだ全然よく分かりません。まあ2記事目でいきなり全部は分かりようもないのですが。

 

これについての対策は、書籍なんかをゲットして勉強をしようと思っています。あとは、他のブロガーの良いところをお手本にしたりとか。まずは基礎の基礎から!そしてひたすら書くしかありません。

まとめ

通信スピード云々はまた検討をするとして、問題は自分自身の時間の取り方や経験値の部分ですね。

 

一体いつになったら有益な情報を発信できるようになるのかと焦る気持ちもあるのですが、一歩一歩進んで行きたいと思います。以上、初心者ブロガーが現在ぶち当たっている3つの壁でした。というわけでノマゴンでした!ではでは!