ノマゴンクエスト

自由に生きることを主題にしつつ気分により色々と落書きします。トライオートFXやトライオートETF等の資産運用。少々のライフハック等を書いてます。雑記ブログです

インヴァスト証券のトライオートETFを運用して10ヶ月経過した感想

インヴァスト証券のトライオートETFを10ヶ月運用!結局のところどうなの?稼げるの?

インヴァスト証券のトライオートETFを2017年10月から運用していました。
気づいたら10ヶ月経過しましたので、使ってみた感想を書きたいと思います。

 

先に結論から言わせてもらいますけど、かなり好印象ですし稼げてます。ただし、注意するポイントなどもあるので、そのあたりのことも書いてます。では、インヴァスト証券のトライオートETFを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

自動売買なので基本的に完全放置でOK!

まずは私がトライオートETFを10ヵ月間運用して感じた『ここがいいな』というメリットを挙げてみたいと思います。

 

トライオートETFは、資金を入れて運用する商品を選べば、後は勝手に売買を繰り返してくれます。私が特に何か操作したりする必要もなく、日々働いてくれました。自動売買の強みですね。私がすることと言えば、通知が来たら、それを確認するだけです。まさに不労所得!

 

※希にエラーが起こり、注文がキャンセルされる場合があるようです。決済注文がキャンセルされた場合は、手動で決済させる必要があるとのこと。私がこのエラーに当たったのは一度だけですが。

トライオートETFの損益は為替の影響を受けず分かりやすい

私はトライオートETFで一番人気の『ナスダック100トリプル』に投資をしていますが、差金決済という方法の為、損益が為替の影響を受けないので非常に分かりやすいです。損益は全て円の結果です。

 

いちいち、『今、1ドルが何円たがら、損益の計算は、えー…』とはなりません。シンプルで非常にけっこう。

トライオートETFのスマホアプリが使いやすくてどこでも情報確認できる

トライオートETFのスマホアプリさえ入れておけば、特にパソコンで情報を見る必要もありません。実際に私はほとんどスマホアプリしか使っていません。約定通知もスマホに表示されますし、詳細のメールも登録しておいたメールアドレス宛に届くので、日々それらの結果をチェックするだけでOKです。

 

※ただし後述する金利に関してはスマホには対応していないようです。こちらはパソコンから確認をお願いします。また必要であれば資金の振り替えなどもアプリ内からサイトに飛んで設定する必要があります。

トライオートETFは運用商品により保有しているポジションに金利がかかる

さて、次にトライオートETFを使用していて感じたデメリットを挙げてみたいと思います。トライオートETFでは保有するポジションにより金利が発生します。長い間、ポジションが決済されないと、金利分の損が発生しますので、その点は注意をお願いします。

 

私も長期間の塩漬けで、その間に積もり積もった金利のおかげでせっかくの利益がほぼ無くなった経験があります。※ポジション度の金利確認はスマホアプリではできないので、パソコンで確認して下さい。

トライオートETFは基本的に上げ相場目線の為下げ相場に弱い

相場が上がることを想定したロジックが多く、上がることを前提にしないと利益が出ません。私も一度、大暴落を経験し、ロスカットは免れたものの相当な期間(半年くらい?)ポジションが塩漬けになりました。

 

もちろん、その期間中も金利分損をしますので、ようやく決済された時も利益はトントンくらいしか残りませんでした。また、相場が上がり続けることを前提にしているため、証拠金も十分な量が必要です。下落相場にも強いロジックが待ち望まれます。

www.nomagonquest.com

追記:現在では下落相場に対応した新ロジック『カウンター』が実装されています。私も早速取り入れてみましたが、かなり良い働きをしており、利益を積み重ねています。詳しくは以下の記事を参照して下さい!

www.nomagonquest.com

トライオートETFの攻略法とは何か考えてみた

トライオートETFに暫く触れてみて、その間にTwitterで投資家の皆さんの様子を見ていたりもしました。特徴として、少ない資金で始めている方は、暴落の際にロスカットされています。もちろんですが、10ヵ月間運用している私は生き延びています。その違いとは何でしょうか?言い換えれば、トライオートETFの攻略法とは何なんでしょうか?

 

鉄則ですが、余裕資金かつ潤沢な資金を投入するのが良いでしょう。ただし、それは商品毎の数量をフルで設定した場合の話で、実際には、商品度に好みの数量に変更可能です。自分の投資できる資金と推奨される投資額を見比べて、可能ならば推奨額の2倍~を投入するのが現実的です。

 

私もこの10ヵ月の間に投入資金を200万円から500万円と倍額以上に増やしました。※少々増やしすぎてるのは自覚しております(笑)しかしながら、やはり推奨証拠金ギリギリで運用をされていた方は暴落時にロスカットされているようです。

 

運用中も、数量の変更が可能ですから、少しリスクが高いかな?と思ったら、数量を減らしたり、あるいは投資額を増やしてみて下さい。慣れないうちは、少額かつ少ない数量で練習してみると良いでしょう。 

まとめ

この10ヵ月ほどトライオートETFを運用してみた感想ですが、最初に書いたように、稼げます。資金効率も良いです。ただし、商品によってはかなり荒い値動きをしますし、長期間塩漬けポジションを作ったりするので、資金効率を求めるよりも安全面に注力すべきかなという印象でした。

 

トライオートETFは資金を多目に用意して運用しましょう。正直、多ければ多いほど安心です。

 

塩漬けポジションは金利が痛いですが、出来れば長期で。長い目で見てやって下さい。値動きは荒い分、利益もしっかり出してくれます。トライオートETFは現在、私の保有する資産の中で一番のキャッシュフローを産み出してくれている稼ぎ頭です。

 

ほったらかしで毎月そこそこの不労所得があるのは本当に有難いです。まあ、何度も言いますが2018年に入ってから暫く塩漬けした期間もありましたが、総じて利益を上げ続けているため、お勧めできます。ご興味のある方は参考までに。というわけでノマゴンでした!ではでは!