ノマゴンクエスト

自由に生きることを主題にしつつ気分により色々と落書きします。トライオートFXやトライオートETF等の資産運用。少々のライフハック等を書いてます。雑記ブログです

ソードアート・オンラインが私に教えてくれた3つの投資の極意

ソードアート・オンラインと投資って実は似ている部分があるんです

ソードアート・オンラインという作品をご存知でしょうか?大人気作品ですが、知らない方の為に簡単に説明すると、あるオンラインゲームの中に意識だけ閉じ込められた人々が、現実世界へ脱出をする為に、命を賭して黒幕の仕掛けた深淵で策略に満ちたゲームを攻略していくというものです。

 

MMORPGを題材にし、ゲームの中でのゲームオーバー=現実でのゲームオーバーという世界観と緊張感にドハマりした私なんですが、ソードアート・オンラインは投資においても素晴らしいヒントを提示してくれています。

 

今回は、私がソードアート・オンラインから教わった投資の極意をご紹介したいと思います。

ゲームと遊びは別物-投資と遊びも別物

『これはゲームであっても、遊びではない』これはソードアート・オンラインに登場する優れたキャッチコピーです。初めてこのキャッチコピーを見た時は痺れました。ガツンとハンマーで頭を殴られた感じですね。

 

それまでは、私の中でゲーム=遊びだったわけですが、このキャッチコピーはそれを全否定しているんです。ゲームには遊びと遊びでないものがあると、ソードアート・オンラインを見て、初めて認識しました。

 

実は投資もある意味ではマネーゲームなんですよね。要は手持ちの資金を増やせれば勝ちだし、減らしてしまえば負けになります。投資は、そんな単純なルールのゲームと言い換えることもできます。しかし、投資も同じことでゲームはゲームでも、遊びではないんですよね。

 

投資は生半可な覚悟で臨めば、全てを失うことになります。すなわちゲームオーバーであり、真剣に取り組まなければ大変危険です。ソードアート・オンラインでのゲームオーバーは現実でのゲームオーバーを意味しますが、それは投資でも全く同じことが言えます。

 

私は何度も何度も投資で失敗してきましたが、それは疑似的な人生でのゲームオーバーを経験していたということかもしれません。実際、再起不能寸前の酷い状態に陥り、色々な人にも迷惑をかけてしまいました。

 

それは、私の投資に対する態度が、まだ遊びの延長のようで真剣ではなかったからです。繰り返しますが、投資はマネーゲームの側面がありますが、決して遊びではありません。できることならば、当時の私に伝えたいと心から思います。

ジョブタイプ=自分の持ち味を認識すること

ソードアート・オンラインでは魅力的なキャラクターが多数登場しますが、それぞれに得意分野があります。ソロで戦うのが得意なのか、複数人のチーム戦が得意なのか、はたまた武器を作るのが得意なのか、遠距離タイプなのか近距離タイプなのか等々。

 

ヒーラータイプなのに率先して戦場の前線に突っ込んでいっても、ファイター達の足手まといですし、本来の得意分野役割を放棄してしまっては勝てる勝負も勝てません。まあこの例えだと、バーサクヒーラーと呼ばれるヒロインのアスナはどうなのよってことになりますが(笑)めっちゃ強いですからね。

 

話を元に戻しますが、これと同じことで、投資をするなら自分の持ち味を理解しておいた方がいいでしょう。つまり、自分はどういうタイプの投資が得意なのか?あるいは苦手なのか?そういった事を理解しないまま投資を始めてしまうと、大きな損失を抱えてしまうことが多いです。

 

例えば私は、熱しやすく冷めやすいタイプで、あまり集中力もありません。投資のために、ずっと画面に張り付いているよりは他の作業も並行して進めたいなと考えるタイプです。最初に力を入れて投資対象は選ぶものの、あとはほったらかしを貫くスタイルです。大別すれば長期投資タイプですね。

 

しかし私は、当初デイトレーダーに憧れていたんです。デイトレーダーって響きがかっこいいと思って、できもしないデイトレードをひたすら研究・実践したんですが、これって私の持ち味に反します。なので見事に玉砕しました。自分の得意分野と真逆の事をしていたのだから、当然です。

安全マージンを取ること=常に全力で臨む必要などない

ソードアート・オンラインの教えの中でも、最も私に影響を与えた教えです。主人公のキリトが使っていた言葉ですが、『安全マージンを取る』とは、常に最前線で全力で戦う必要はないということです。

 

ソードアート・オンラインの世界では敵にやられればプレーヤーはゲームオーバーですので、キリトは無理に最難関のダンジョンで強敵と戦うより、少し難易度を落として、『このくらいの敵となら戦い続けても大丈夫だろう』という場所で戦い、黙々とレベルを上げていきます。

 

そんなキリトは弱いか?というと、まったく弱くないどころか作中最強クラスです。安全マージンを確保しながら、あくまでも『戦い続ける』ことで強くなったんです。これは、投資も同じで、『生き残り続ける』ことがとても大事です。

 

なぜなら、僅かずつの利益の積み重ねが資金を強固にし、ちょっとやそっとの暴落ではポジションが強制決済されるなどのダメージを受けなくなるからです。

 

全力の資金で挑むより、余力を残して、つまり安全マージンを取りつつ、出来るだけ長い間、自分が投資した場所で生き延び続けることが投資の鍵になります。

まとめ

ソードアート・オンラインは投資の極意として、以下のことを私に教えてくれました。

  • ゲームと遊びは別物
  • 自分の持ち味を知ること
  • 安全マージンを取ること

この極意を知ってから、私の投資生活は大きく変化し、良い流れを作り出してくれています。もし投資をしていて、いまいち手ごたえがなくて上手くいかないと思うことがあれば、この3つの極意をご自身の投資スタイルに当てはめてみて下さい。もしかしたら、お力添えになれることがあるかもしれません。というわけでノマゴンでした!ではでは!