ノマゴンクエスト

自由に生きることを主題にしつつ気分により色々と落書きします。トライオートFXやトライオートETF等の資産運用。少々のライフハック等を書いてます。雑記ブログです

テレビを見ない生活を10年以上続けてきた感想

いつの間にかテレビを見ない生活が10年以上経過

テレビを見ない生活が気づいたら10年以上経過していたので、思うところをまとめました。

 

※ちなみに、この記事はテレビを見ることを否定したものではありません。また、テレビを見ないとは、『自発的に』という意味であり、人との集まりなんかでは普通にテレビを見ることもあります。

テレビを見ない生活のメリット

テレビを見ないことで、自分の本当に好きなことに集中できるような気がします。例えばそれは、家族との会話とか、漫画を含む読書や映画観賞なんかの趣味全般、食事や投資の研究、旅やドライブなんかですね。あとは睡眠も。今はここにブログが加わりました。

 

私はただでさえ集中力がないのに、テレビを見ていると、画面に見入ってしまい、どうしても全ての作業が中途半端になってしまうような気がするんですよね。

 

あとは、テレビから無作為に提供されるコンテンツではなくて、自分が選んだコンテンツを楽しみたいというのもあります。時間は有限なので、どうせなら好きなものをちゃんと選んで、それを全力で楽しみたいな~と。

テレビを見ない生活で感じたデメリット

テレビを見ない生活のデメリットはなんと言っても流行が分からないことに尽きます。流行のテレビドラマや芸能人とかサッパリです。

 

たぶん目の前に芸能人がいても、よっぽど有名な人でないと分かりません。すいません。ノリのいい人が目の前で流行のギャグを披露しても、一週間後から下手したら数ヶ月後くらいに、『あ!あれ、お笑い芸人のネタだったんだ!?』となります。ごめんなさい。あと、気がついたら、世の中が24時間テレビやワールドカップで盛り上がっていたり、オリンピックだったりします。申し訳ないです。


あと、意外なところでCMの存在が大きいです。印象に残っているシーンとして、あるお店で夕食を食べていたんですが、そのお店には大きなテレビが設置されていました。私が頼んだ料理に手をかけようとして、ふと、何気なく店内に目をやると、ほとんどの人がテレビに視線を送っているんですよね。しかもCMに。

 

よく考えてみて下さい。CMって広告ですからね?それを何人もの人達が熱心に見ている訳です。如何にCMが一つの映像作品として、『コンテンツ』として、皆に受け入れられ、成立しているかが分かります。私もつい、つられて見てしまいましたが、普通に面白いな~と(笑)

 

さあ、そこで困るのが、『ねえ、~~のCMで○○(芸能人の名前)がさあ』と話を振られる時です。分からーん!まず、その芸能人の名前が分からーん!だいたいこういう時は、知ったかぶりをして何とか誤魔化しています。

 

芸能人と言えば、びっくりするのは、昔、まだ私がテレビを見ていた頃に登場していた芸能人が、久しぶりにふとした瞬間目に入ると、あー歳をとったなあーと思うことが多いですね。時代の流れを感じてビックリします。

 

あと、テレビを見ないとリアルタイムの情報が掴めないのが困ります。例えば自然災害が発生して不安だなと思うときには、やはりテレビで情報を見たいなとは思います。不安な時にリアルタイムに映像と解説が流れていくのは相当ありがたいだろうなと思います。

テレビ以外の情報収集

テレビを見ませんから、世の中の動きを察知するのはネットがメインになります。ニュースアプリのsmartnewsとかはありがたいです。最近は特にTwitterの情報の早さに驚かされています。あとは、新聞とか書店とか、人伝いの話とかです。この辺はアナログです。

 

※これらも自分の好きな情報をメインに収集しているので、世の中全体の動きを掴むのはやはりテレビに軍配が上がります。

まとめ

テレビは楽しいですよ。使いようによっては便利だし、大好きな人達と集まって、テレビを見るのは私も楽しいと思います。

 

しかし、やはり自発的にテレビを見ることはこの先も無いかもしれません。別に意地になってる訳ではないんですが、もはや習慣ですね。限りある集中力と時間は、自分が本当に好きなことに全部割り当てたいです。

 

ただ、話題になっているビットコインをマイニングできるというテレビには少し興味があります。発熱凄そうな気がしますけどね。ではでは!