ノマゴンクエスト

自由に生きることを主題にしつつ気分により色々と落書きします。トライオートFXやトライオートETF等の資産運用。少々のライフハック等を書いてます。雑記ブログです

成功者たちの言葉を聴く時に心がけておくべき5つのポイント

成功者たちの言葉を聴くにしても『聴き方』にはコツがある

言葉を聴く時の心掛け次第で、同じ言葉でも効果が違ってくるんですよね。それが成功者たちの言葉だと尚更気を付けないといけません。
 
成功者たちの言葉を聴きたい時ってどんな時ですか?例えば、自分自身が何かに取り組んでいて、ふと思うのは、『今の自分のレベルはどの程度のものなんだろう?』ということ。自分のレベルってとっても気になりませんか?そして、その分野での成功者たちってどんなマインドで成功したんだろうって気になりませんか?
 
自分を基準として、世の中には上を見ても下を見ても、多くの人がその何かに取り組んでいるわけで、どうせなら上を目指していきたいと思うのが正直なところです。誰だって成長していきたいし、あわよくば成功したいと思っているんですから。
 
そんな時、私たちはその分野で成功している人の意見を参考にしますよね?成功者たちは自分がなぜその分野で成功したのかを言葉にして残してくれている場合があります。その言葉を聴く時にどういうマインドであるべきか?というお話です。

成功者の言葉に卑屈にならない

例えばブログの執筆です。ブログを書き始めたら、気になってくるのが『どれくらいの人がこの記事を見ているのだろう?』『どれくらいの人に自分の記事が影響を与えているのか?』『そもそも役に立つ情報を発信できているのだろうか?』などなど。
 
その情報自体は、ある程度にしろGoogleAnalyticsやTwitter等のSNSに絡んだツールを使えば分かることです。具体的な数字を示せる場合が多いですからね。しかし、それが他のブログと比べてどうなのかは分からないわけで、そうなると調べたくなるのは当然です。
 
そこで、アクセス数とかPVとか、色々なキーワードで検索をかけるわけですよ。すると、検索結果には驚くべき結果が表示されていたりするんです。月間PV~~万以上!とか。Twitterのフォロワー数が〇ヵ月で~~~人突破!とか。自分のブログとは、比べ物にならないほどの数字が目の前にある現実。
 
このどうしようもなく高い壁を前にして、『どうせ自分なんか・・・』と卑屈になってはならないことがまず一つだと思います。卑屈になるのではなく、その成功事例を自分のものにするためにバネにすることが肝心ではないでしょうか。
 
成功までの道のりは遠いけど、成功事例を目標として、それに向かって成長していくことはできます。決して卑屈にならないようにしたいものです。

成功者との乖離に驚いて諦めない

卑屈になるくらいならまだマシなもので、時には始まる前から、あるいは始まったばかりなのに諦めてしまう場合もあります。成功者たちの言葉や提示される数字は、時に厳しく、また圧倒的なものが多いですから、人によってはその圧力に耐えられないのでしょう。具体的な数字も絡んでくると、自分自身の成果との乖離に愕然とすることもあるかもしれません。

 

しかし、チャレンジする前から諦めてしまっては勿体ないですよね。『もしかしたら自分だってそこそこの勝負はできるようになるかもしれない!』くらいに思っておけば、案外本当にそうなるケースもあります。でも、諦めたら、そこで試合終了でしょ?まずはスタートラインから少しでも前へ前へと進んでいくことを目指したいですね。

自分を疑うことも時には必要

成功事例を垣間見て、大抵の人がまず最初に考えるのが『自分にはとてもそんな高みへ行くことはできない』というようなことではないでしょうか?しかし、本当にそうでしょうか?本当に自分自身は成功できないのでしょうか?ただ、怖いからそう思ってしまうだけではないでしょうか?自分を疑う自分を疑ってみるのも重要です。

 

そして、『では、どうやったらそれができるようになるか?』を逆に考えてみるのも必要です。そうすれば、当初の自分では想像もつかなかったような高みに行くこともできるかもしれません。

成功者の完璧なトレースはできない

結局のところ、成功者たちの成功事例というものはその人だからできたことであり、私たちが完璧にトレースすることはできません。また、ただの模倣には価値はありません。他の人たちからすれば、成功者の劣化版コピーと見なされてしまいます。
 
大事なことは、良い所は積極的に取り入れつつ、自分ならどうするか?を考えることです。勝負するのはあくまでも自分自身ということを忘れないようにしたいものです。他の誰でもなく、自分の色を出すことが重要です。

ハングリー精神を持って成功者たちの言葉を噛みしめる

成功者たちの言葉を聞いて、『はあー凄いなあ。羨ましいなあ』と思うだけではダメです。ここで、『自分も絶対にそこまで這い上がってやる』というハングリー精神がなければ、言葉を聞くだけで終わってしまいます。
 
成功者たちの言葉を聞いて、実際に行動に移せるかどうかが非常に重要なんです。失礼ですが、大抵の人たちは成功したいという欲は持っているものの、実際に具体的な行動に移せる人はほとんどいません。まず動くか動かないかで、将来的に大きな差が開いてしまいます。ハングリー精神を常に持っていれば、アクティブに行動することができます。

まとめ

成功者の声を聞いて、その言葉のプレッシャーに負けず、自分自身の色でそれを達成してやるんだ!という強いハングリー精神を持つことができれば、将来的にいい結果が待っているかもしれません。少なくとも、自分で自分の限界を決めて、行動に移さない人よりは遥かにその確率は高まります。

 

世の中には数多くの成功者たちがいて、本当に多くの為になる言葉を残してくれています。そういった言葉を聞く時に、どのような心掛けをもっているかで、まったく意味合いが違ってくるものです。どうせなら、しっかりとその言葉を吸収して、結果に繋げていきたいですね。その時に、少しでもこの記事が参考になれば幸いです。というわけでノマゴンでした!ではでは!