ノマゴンクエスト

自由に生きることを主題にしつつ気分により色々と落書きします。トライオートFXやトライオートETF等の資産運用。少々のライフハック等を書いてます。雑記ブログです

仮想通貨投資家なら『仮想通貨税制を変える会』を支持して損はなし。匿名支援可能!

『仮想通貨税制を変える会』をご存知でしょうか?藤巻 健史(ふじまき たけし)議員が代表を務めている会であり、現状の最大税率55%を不服として、株やFXと同様に20%の税率に変更する旨等を掲げています。

 

仮想通貨投資家なら支持をして損はしないですね。しかも実名ではなく匿名で参加可能なので興味がある方は参加してみませんか?コインチェックのNEM盗難に関する補償金で痛い目を見ている私も近日中に参加する予定です。

 

今回は、この『仮想通貨税制を変える会』が掲げているポイントについての感想を書いてみます。そして、一人でも多くの仮想通貨投資家の支持を集められるように支持の表明を行いたいと思います。

仮想通貨投資家の最大の脅威は現在の税制 

現状、仮想通貨投資家として何が一番の不満かと言えば、それは誰しもが税制だと答えるでしょう。これが、一般投資家を遠ざけている一つの大きな要因だと言っても過言ではありません。

 

株やFXが分離課税で20%の税率になっているのに対して、仮想通貨は最大で55%もの税率となっています。つまり、どんなにリスクを取って大きな利益を上げたとしても、その半分以上が取られてしまうのです。

 

私が大きく疑問を感じたのは、コインチェックのNEM盗難騒動です。仮想通貨取引所コインチェックは ハッキングによりほぼ全てのNEMを盗まれてしまいました。最終的には、その盗まれた仮想通貨NEMそのものではなく、現金による補償という形で被害者に相応分の現金を分配することで決着がつきました。

 

しかし、この補償金はキッチリと雑所得の部類に入るということで、人によっては最大で55%もの税金を取られることになったのです。これっておかしくないでしょうか?別に我々被害者は決済をするつもりはなかったのにもかかわらず、仮にも利益を得たということで税金を払うことになったのです。モヤモヤしますね~。

 

じゃあせめて、この時にもっと税制がしっかりしていれば、まだ納得できたのに・・・。非常に残念です。

仮想通貨税制を変える会のその他の主張

  •  損失の繰り越し控除
  • 仮想通貨間の売買非課税
  • 少額決済の非課税

一つずつ見ていきます。

仮想通貨の損失を繰り越し控除可能にしよう

まず、損失の繰り越し控除の件ですが、株やFXなんかで損失を出した場合は、翌年以降に利益を上げても前年分の損失を繰越すことができるので、結果として税金が安くなります。しかし、仮想通貨ではこれができません。

 

こういった、痒い所に手が届かない感じが、また投資家を遠ざけてしまっている要因でしょう。今まで出来ていて当たり前のことができない後発の投資に興味を持てと言われても・・・。

仮想通貨間の売買は非課税にしよう

次に仮想通貨間の売買非課税について、これができないと面白くないでしょ!?ってなもんです。世の中には多くの仮想通貨が溢れているのに、それを買うのにフィアットつまり法定通貨しか使えない(正確に言えば仮想通貨で仮想通貨は買えるけど税金がかかりまっせ)なんて、仮想通貨の本質を理解していないにも程があるでしょうに。なんという不自由か。

 

現在、日本でフィアット(円)建てで買える仮想通貨なんぞほんの少数です。世界を見れば、魅力的な仮想通貨がゴロゴロあります。それを買うのには仮想通貨を買って、その仮想通貨で狙いの仮想通貨を買うしかなく、それには税金がかかると。え?それって普及するでしょうか?

仮想通貨を使っての少額決済は非課税にしよう 

最後に少額決済の非課税についてですが、なんのこっちゃ?と思われる方にもわかりやすいように、『仮想通貨税制を変える会』のHPから引用してきた文章を載せます。(せっかくなので『仮想通貨税制を変える会』に興味が沸いた方はリンクから覗いてみてくださいませ)現在の仮想通貨の少額決済の実態が以下のようになります。

例えば飲食店で食事をし3000円分の会計をビットコインで支払ったとしたら、その時点でのビットコイン価格とビットコインの購入価格から損益を確定させ、利益が出ていたら納税をしなければなりません。 こんなことをいちいちしていたら、実社会での仮想通貨決済の浸透は到底望めません。

引用元:https://kasou-tax.jp/

仮想通貨でモノやサービスが買えるって素晴らしいことだと思うんです。これまでにない全く新しい経済圏の誕生ですよ。胸熱ですよ。ところが、ここにも税金が影響しているようで、上記のような複雑な計算をして税金を払うくらいならフィアット払いでいいんじゃない?ってなりませんか?

 

現状、仮想通貨が決済よりむしろ価値の保存先として浸透しているのは、こういう実際には決済に使いにくい環境も影響があるのではないでしょうか?逆に言えば、環境の整備さえ整えば、仮想通貨による決済は爆発的に普及するはずなんですが、惜しいですね。

まとめ

テクノロジーの進歩に制度が追い付いていないのでしょうね。確かに、ブロックチェーンを基礎とする仮想通貨は最先端テクノロジーであり、その歴史はまだ浅く、各国でも様々な議論がなされている最中です。

 

仮想通貨先進国をもし名乗るのであれば、一刻も早くこれらの税制を見直して頂きたいものです。より良い投資環境の整備は将来的に仮想通貨市場に多くの資金を呼ぶことにつながるはずです。こうやって一人一人の力で少しでも仮想通貨の地位向上に貢献できるのは素晴らしいですね。というわけでノマゴンでした!ではでは!